2006/04/30

続・ADSLトラブル顛末

土曜日一日あれこれ触るも埒あかず。二日ほどnet環境離れるといらいらと落ち着かないのは、明らかにnet中毒。逆に、PC触らないで済むと考えなくちゃ。

テレカ持参でセンターに行き、116で回線の種別確認。よく考えれば、110と同じで公衆電話からは無料で116にかかるのだった。公衆電話の世界から離れてしまっているな。家に固定電話あるし、携帯電話掛けるのが普通だしな。回線種別はプッシュなので、電話やfaxプリンター設定するも、やっぱりダメ。

最後の手段、電話の故障修理依頼で113に掛けたら保守の人が飛ぶようにやってきた。たまたま近くを回っていたのかもしれない。事務所の回線は、マンションに100回線分を引き込んで、さらにセンターに10回線分引き込みしている。まず事務所調べるもOK。次はセンターの引き込みもOK。マンションの100回線引き込みを調べる。30年前に設置したままなので配線がすごい。今の集合住宅は、多分、光ファイバー+アナログ変換という構成なので、もう少しすっきりと小型の配電盤だろう。

携帯で局とやりとりしながら、発信しては信号をチェック。配電盤のケーブル故障と判明。交換して局と確認して工事完了。あっけなく、電話もnetも繋がるようになった。ADSLモデムのランプはダテについているのではないな。どこがエラーなのか確認するためにも、いつも見ておかないといけない。付いているのが当たり前で注意して見なかったのが失敗。しかし故障が早期発見できて助かった。

NTTの保守の人は、JRの保守点検や関電工事の人と同じで、ガッテンの職人さん風だった。てきぱきと仕事片付けて格好いい。待ち時間の合間に、最近のNTTの通信事情、ADSLや光、IP電話などあれこれ話をする。仕事柄、ADSLやNET接続のこともよく知っていた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/29

ADSLトラブル顛末

木曜日からADSLの調子が悪い。NETトラブルも困るが電話FAX繋がらないと仕事に差し障る。一日PCにかかりっきり。あれこれケーブルの接触調べたがLANの方はOK。試しに電話かけるとこれが繋がらない。別に何か変わったことをしでかした覚えもないし。仕方ないので電線線付け替えたり、モデム、FAXプリンターの接続あれこれ見直したり、モデムのIP電話切ったりしたが回復しない。電話の受信も送信もできないのだからNTTのトラブルかとも思い、携帯から架けるとVODAFONEからは116にはかけられない。公衆電話と思ったらこれがまたカード専用でカードの手持ちなし。6便利なのか不便なのかよくわからない世界。最後の手段、NIFTYのサポートかなと諦めていたら突然回復した。慌ててコメント記入し終えたらまた断線状態。不思議な現象。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/27

讃岐うどんマップからgoogleを考える

さぬきうどんマップ。 "http://doiko.jp/udon/">http://doiko.jp/udon/

ここで紹介するのは、さぬきうどんのマップ云々というよりも、googleのサービス「マップ」について。googleは、イメージ検索、
デスクトップ検察、画像管理ソフト「picasa」、「googleニュース」「G-mail」など、
画期的でしかも無料のサービスを矢継ぎ早に提供してきています。便利だし、「マップ」や「ローカル」,「google-earth」などは、
立体地図だったり、ajax技術使った動的な地図は、なかなかに感動的です。「web2.0」の一つの特長である、
APIをユーザーに開放し、ユーザー側でもサイトに利用することができる仕組みですね。googleマップを基本に使って、
その上に讃岐うどんの住所と店情報を組み合わせているわけですね。囲い込みが基本だった、web1.0の時代に考えられないことです。




ただ便利さと裏腹に、 基本的にある圧倒的な検索力は諸刃の刃にもなる。「デスクトップ検察」「G-mail」などは、
個人のdesktopの情報、メールの内容などもgoogleが検索して監視することが可能。googleの検索は、
古いyahooなどの検索や登録と違い、すべて人手を経ずにコンピュータが処理している。だから人の価値判断がないので、安心だという、
非常に楽観的で、性善説に基づいている。

最近の、googleを取り巻くニュースを見ていると、利益追求のために、かなり問題を抱えだしたようですね。
強大な力を持ち始めたgoogleを、市民側でいかにコントロールするかというのが課題になって来そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/23

アカウント設定

去年、ようやく95機をXP機に買い換えて、回線もようやくadslに。soft類も、firefox・thunderbird・一太郎(もはやあんまり使うことはないですが)・excel・桐win版とすべてリプレースしたので、データの移行やソフトの習得に、半年かかってしまった。まだ十分とは言えないが、まあ日常の仕事には何とか間に合うくらいにはなったかな。
桐は、名簿や仕事の会計処理用に、dosの時代から長い間使ってきたが、販売管理のため、桐win版を新規購入。販売管理には「弥生販売」の導入も考えたが、使い慣れた「桐」の方が使い勝手がいいだろうという判断。何せ古い桐使ってきたので、旧データを移行して使えたものの、システムが大幅に変更になっていたので、手直しや習得に時間ばかり食ってしまった。販売管理のシステムを作る時間が取れずに、結局時間切れに。販売管理の方は、とりあえずexcel使ってやってみることに。

片付いていなかった宿題を片付ける。
一つは、NotePCのアカウント設定。複数で使うので環境切り替えるのと、一応のセキュリティ保護のために、アカウントの設定。win2000少し使った経験からすると、アカウント設定は苦手。xpのpro版なので、アカウントとパスワード設定可能なのだが、慣れないNoteのキーボードにパスワード撥ねられるはで、四苦八苦しながらも設定。アカウント設定は、まあ理解できたかな。設定できるようになると、複数で違う環境で使ったり、セキュリティ保護のためには、必要なシステムなんだなあと思う。
もう一つは、blog。これはまだまだ勉強中。htmlのタグよりも、スタイルシートやjavascriptの知識がないと、なかなかうまく改造できない。scriptは書けないので、人のscript借りるだけだけだが、それでも基礎的な用語や知識を知っておかないと、なかなかうまくいかない。多少blog関連の知識は身に付いてきた感じ。スタイルシート使って、前のサイトを作り直してみようかという、向学心が芽生えてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/19

新たなwinnyウイルス

ITmedia エンタープライズ:ローカルディスク全体をさらす、新たなWinnyウイルスが登場.

ITmedia エンタープライズ:相次ぐ情報流出、真の問題は「Winny」だけではない (1/2).

ITmedia エンタープライズ:「RFIDタグもウイルスに感染」、研究者が警告.

ITmedia エンタープライズ:フィッシング/詐欺メールの脅威とその対策 (1/4).

5分で絶対に分かるWinny情報漏えい対策

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/03/17

毎日新聞「愛媛県警、Nシステム情報流出か」

監視カメラや、生体認証など、監視社会に向かった、いろいろな技術が開発され、応用されはじめています。警察が犯罪捜査に使っていると言われながら、どのような形で使っているのか、取られる側の国民に対し説明責任を果たして来なかった、車両ナンバーを撮影、監視する「Nシステム」の個人情報が、愛媛県警の「winny」事件で流出した模様。
愛媛県警:Nシステム情報流出か 車10万台ナンバー-IT:MSN毎日インタラクティブ.

winny関連記事。
http://www.atmarkit.co.jp/news/200603/15/winny.html
http://www.atmarkit.co.jp/news/200603/16/winny.html
http://www.atmarkit.co.jp/news/200603/17/winny.html
http://it.nikkei.co.jp/security/news/index.aspx?i=2006030807672ca

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/07

winny+ウイルスによる情報流出

岡山県警の警察官の個人PCから1500人分の捜査情報がネット上に流出という事件。性犯罪事件の被害者の実名や金融機関の個人口座の出入金状況、国会議員の後援会名簿など大変なプライバシー漏洩ですね。一度ネットに流出したものは、削除・回収は不可能でしょうし、少し前にも海上自衛隊のマル秘情報、極秘情報の流出事件が起きたばかりだというのに。
「winny」のセキュリティについては、インストールの禁止、情報を私用PCに入れない、ネットのセキュリティ対策などの注意が払われていたようですが、甘いとしかいいようがないですね。
●岡山県警流出事件
●海上自衛隊流出事件

●winnyによる個人情報流出
見ると、いろいろな企業が個人情報漏らしてますね。個人情報扱う企業や組織には、真剣なセキュリティ意識が必要でしょうし、もっと勉強が必要でしょうね。

●winnyとは(wikipedia)
「グヌーテラ」の開発以降、こういうP2Pソフトは、画期的な機能を持つと共に、一方ではウイルスとセットになり、情報漏洩の元凶になりますね。今話題のネット上の無料電話「skype」も、このP2Pを応用したものらしい。便利さと引き替えに、何かを差し出さないといけない時代になってきた感じですね。

と書いて、家に帰って夕刊見たら、今度は愛媛県警の情報流出事件。日本の警察は、情報管理ダメですね。
2006/3/8の朝日新聞。04年頃、北海道警察、京都府警からのwinny流出事件を受けて、愛媛県警では、個人PCの業務使用については許可制を取り、また使用する場合もwinnyの削除命令を出していたみたいですが、個人レベルの意識徹底がなされていなかったですね。いつも言われますが、日本は組織の危機管理意識が相変わらずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)