« お年寄り「寝耳」に増税 住民税の老年者控除全廃 | トップページ | 2006年「たねとりくらぶ」の集い »

2006/06/21

養殖エビにニトロフラゾン残留

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/
に「養殖エビにニトロフラゾン残留」という記事。

■RASFF-Weekly Overview - Week 24 http://ec.europa.eu/food/food/rapidalert/reports/week24-2006_en.pdf 警報通知

ルーマニア産蜂蜜のストレプトマイシン、デンマーク産ライ麦全粒粉のオクラトキシンなど
情報通知

中国産小麦葉粉末の照射、中国産白いメラミン台所用品からのホルムアルデヒドの溶出、バングラデシュ産生無頭淡水エビのニトロフラン代謝物ニトロフラゾン、インド産ブラックタイガーエビのニトロフラン代謝物フラゾリドン、インド産冷凍無頭淡水エビのニトロフラン代謝物ニトロフラゾン、タイ産マグロ切り身のヒスタミン、中国産バーベキューセットからのニッケルの溶出、中国産ローヤルゼリーのスルファメトキサゾール、ガーナ産薫製魚及びエビのベンゾ(a)ピレンなど
他世界中のナッツからアフラトキシン多数

インド・バングラディシュ産のエビからニトロフラゾン、フラゾリドン残留という「情報通知」。養殖とは書いてないでが、多分養殖でしょうね。ニトロフランは、昔、豆腐に使用されていた合成抗菌剤AF2の近縁物質だと思いますが。AF2やニトロフラゾン系化学物質は、その後、家畜飼料にも使用されていることがわかり、豆腐類、家畜飼料添加物への使用が禁止されたと思います。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/06/h0627-3.html
養殖の盛んな東南アジアでは、エビなどの養殖の魚介類、養鶏や鶏肉などの飼料添加物として、使われているようですね。

|

« お年寄り「寝耳」に増税 住民税の老年者控除全廃 | トップページ | 2006年「たねとりくらぶ」の集い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 養殖エビにニトロフラゾン残留:

« お年寄り「寝耳」に増税 住民税の老年者控除全廃 | トップページ | 2006年「たねとりくらぶ」の集い »