« 第7の栄養素・ファイトケミカル | トップページ | NHK知るを楽しむ-中村哲 »

2006/06/15

トイレ、節水戦争 大手2社、6リットル型に

 2006/6/15の朝日新聞に、「トイレの節水戦争、大手2社」という記事。
http://www.asahi.com/business/update/0615/146.html

13リットルが主流だった94年にTOTOが主力品で10リットル型を出すとINAXが98年に追随し、99年にTOTOが8リットルに減らすとINAXも01年に実現した。

 今度はINAXが一足先に6リットル型の「ECO6(エコシックス)」を発売。13リットル型と比べると4人家族なら2日で浴槽1杯分の節水が可能で、年間1万2000円の節約になる。タンクの水位を高めて落差によるエネルギーを増し、水流を調整して洗浄力を確保した。新築住宅用便器の8割を一挙に6リットル型に切り替え、今年度は前年度比2割増の60万台の販売を目指す。

 米国では90年代に洗浄水量を6リットル以下とする規制が施行されたため、TOTOは6リットル型を開発して米国でのシェアを伸ばした実績が既にある。

 節水機能は掃除が手軽になる表面処理と並んで、洗浄自動化や音楽再生機能などよりも消費者に効果を訴えやすい。家庭での水利用の約4分の1はトイレで使うとされる。

|

« 第7の栄養素・ファイトケミカル | トップページ | NHK知るを楽しむ-中村哲 »

コメント

稲田さん
昨日書き込みが出来なかったので、自分の掲示板で文句を言ったら、早速掲載されてました。
送信できなくても、そちらには内容が保存されていたんですね。
どうも、ブログというのは、よくわかりません(^^;)

先のコメントで「6千円くらいの節約」と書きましたが、Morris.の場合、トイレ使ってても最低基準量を超えることはめったになかったので、直接水道料金が安くなる、ということはないようです。
でも、水を無駄遣いしないということは悪いことではないと思うので、続けようと思っています。

投稿: Morris. | 2006/06/17 19:30

引越して1ヶ月半になるMorris.です。
新生Morris.亭は、トイレと風呂が一緒になってますが、ワンルームのユニットバスよりは、浴槽と便器が離れていて、いちおう床で身体洗うことが出来ます。
これを機会に、トイレの水は浴槽の残り水を洗面器でちょっと高いところからぶちまけて流すことにしました。すでに習慣となりつつあります。
家庭の水使用量の1/4がトイレ水だとしたら、Morris.亭は年間6千円くらいのせつやくになるかもしれませんね(^o^)
節約ママの本で、トイレの水槽に異物を入れて容積を減らし節水するなんてのを見かけたことがありますが、Morris.式(^^;)のほうが、ケチケチせずにケチができるという意味で、勝れていると自負しています。

投稿: Morris. | 2006/06/16 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トイレ、節水戦争 大手2社、6リットル型に:

« 第7の栄養素・ファイトケミカル | トップページ | NHK知るを楽しむ-中村哲 »