« blog改造7「犬のテンプレートに変更」 | トップページ | 再処理工場実質稼働 苦肉の“消費策” »

2006/04/02

対エクアドル戦

木曜開催なので、病院で見られず。新聞とニュース見ての感想。

エクアドルも本戦出るチームなのに、どうも主力連れて来ず、1軍半の構成みたい。日本相手では強化にならないと思ったのか。特に攻撃陣は迫力なし。南米予選でブラジル、アルゼンチン相手に堂々と渡り合ったチームとは思えないくらい迫力なし。エクアドルは守備重視の隊形みたいだったので、日本の課題だった守備の課題あぶり出しには繋がらなかった。アレックスの守備の不安という欠点は表面化せず。久保・玉田という、久しぶりの2topは、明らかにコンビ不足。特に、久保はコンディション悪し。決定的なチャンス作れず、何本かあった決定機もシュート枠に飛ばず。玉田はスピードあるし、ドリブルで突っかける場面もあったが、シュートにまで持ち込む、得意の型がないな。小野はジーコにアピールしないといけないのに、調子上がらないですね。MFの定位置争いでも、アドバンテージなくなった感じ。アレックスは攻撃面で左サイドでチャンス演出。Jリーグでの調子の良さを感じさせた。交代で入った佐藤も、引き続きJでの調子良さを出す。アレックスの左からのボールを、うまくもらい込んで、流し込む。同じタイプの大黒が、出場機会少なくて調子上がらないと、佐藤の方が俄然面白い。柳沢の怪我で、佐藤のチャンス大。巻は、もうちょっとアピールしておかないとね。

各選手以外に、フォーメーションの問題。ジーコは4BK支持だが、宮本にアレックス、加地を加えた4BKでは、強い相手には対応し切れない。前の試合から、どうも3BKメインに切り替えた様子。相手によって、点差によって、3BK、4BKと自在に切り替えることが必要なはずなのに、4BKの方はコンビと経験不足のまま本戦突入の模様。

Jリーグ。ガンバの家長が面白い。代表の試合、ACLの予選と、チャンピオンチーム・ガンバは厳しい日程が続く。起用された若手が伸びてきている。特にMFの家長は、急成長の予感。試合相手の清水も、ペースダウンしてきたものの、成長株の若手が多いので面白い。

totoの換金しに信用金庫行ったら、扱ってないと言われる。サイトで調べたら、チケット販売店で換金しているとのこと。コンビニ発売の方が、販売店より時間ゆったりしていていいのだが、どうもカード決済みたいだし。
販売店に行くと、パートのおばちゃんに、換金する機械触ったことがないのでよくわからないと言われる。店主がいる平日に出直し。totoも、くじの種類増えるわ(現在4種類に各シングルにマルチ)、換金もしないといけないわで、零細の販売店は大変。

|

« blog改造7「犬のテンプレートに変更」 | トップページ | 再処理工場実質稼働 苦肉の“消費策” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対エクアドル戦:

« blog改造7「犬のテンプレートに変更」 | トップページ | 再処理工場実質稼働 苦肉の“消費策” »