« 米移民マグマ上昇 | トップページ | 沖縄を「エタノール特区」に »

2006/04/30

続・ADSLトラブル顛末

土曜日一日あれこれ触るも埒あかず。二日ほどnet環境離れるといらいらと落ち着かないのは、明らかにnet中毒。逆に、PC触らないで済むと考えなくちゃ。

テレカ持参でセンターに行き、116で回線の種別確認。よく考えれば、110と同じで公衆電話からは無料で116にかかるのだった。公衆電話の世界から離れてしまっているな。家に固定電話あるし、携帯電話掛けるのが普通だしな。回線種別はプッシュなので、電話やfaxプリンター設定するも、やっぱりダメ。

最後の手段、電話の故障修理依頼で113に掛けたら保守の人が飛ぶようにやってきた。たまたま近くを回っていたのかもしれない。事務所の回線は、マンションに100回線分を引き込んで、さらにセンターに10回線分引き込みしている。まず事務所調べるもOK。次はセンターの引き込みもOK。マンションの100回線引き込みを調べる。30年前に設置したままなので配線がすごい。今の集合住宅は、多分、光ファイバー+アナログ変換という構成なので、もう少しすっきりと小型の配電盤だろう。

携帯で局とやりとりしながら、発信しては信号をチェック。配電盤のケーブル故障と判明。交換して局と確認して工事完了。あっけなく、電話もnetも繋がるようになった。ADSLモデムのランプはダテについているのではないな。どこがエラーなのか確認するためにも、いつも見ておかないといけない。付いているのが当たり前で注意して見なかったのが失敗。しかし故障が早期発見できて助かった。

NTTの保守の人は、JRの保守点検や関電工事の人と同じで、ガッテンの職人さん風だった。てきぱきと仕事片付けて格好いい。待ち時間の合間に、最近のNTTの通信事情、ADSLや光、IP電話などあれこれ話をする。仕事柄、ADSLやNET接続のこともよく知っていた。

|

« 米移民マグマ上昇 | トップページ | 沖縄を「エタノール特区」に »

コメント

稲田さん 電話回線不良でいろいろ大変だったみたいですね。
Morris.は、このところPC関連のトラブルとは幸い縁遠くなってますが、今回の引越しで、どうなるかわかりません。
5月10日くらいまで、このブログも読めないと思いますが。Morris.もしばらく「休線日」を味わっておくことにします。たしかに一種の中毒ですものね(^^;)

電話の世界もPCほどではありませんが、日進月歩で変化して、Morris.にはついていけない部分が多いです。
携帯の登場以来、完全に電話業界は別次元に突入しましたね。Morris.の4年前に初めて買った携帯電話もそろそろガタがきそうです。落ち着いたら2台目に換えるつもりです。
グラハム・ベルが現在の電話状況を知ったらどんな感想を持つか、聞いてみたいところです。

投稿: Morris. | 2006/05/01 09:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・ADSLトラブル顛末:

« 米移民マグマ上昇 | トップページ | 沖縄を「エタノール特区」に »